アメイロ

狂い鳴くのは僕の番【2話】のネタバレ・感想と漫画を実質無料で読む方法

漫画『狂い鳴くのは僕の番』は禊ケリ先生の作品です。

漫画内では、一流企業に転職してきたαのサラリーマンと、自ら体を売ることでキャリアを積んでいるΩの上司の複雑な愛の形が描かれています。

電子書籍サービスでは、冒頭の数ページ程度の試し読みができるものはありますが、丸々漫画1冊を読みたい方のために実質無料で漫画を読むことができるサービスも紹介します!

狂い鳴くのは僕の番のあらすじ・ネタバレ・感想

狂い鳴くのは僕の番(1) (アメイロ)

こちらでは、禊ケリ先生の作品、『狂い鳴くのは僕の番』のネタバレと感想を紹介していきますので、内容のネタバレをされたくない方はご注意下さい!

(※かなり個人的見解を含むので、読む人によっては全く違う解釈をしているかもしれません)

狂い鳴くのは僕の番のあらすじ

狂い鳴くのは僕の番 登場人物

高羽:攻め。烏丸のいる部署に転職してきたα。Ωを受けつけられず、体を売る烏丸のことを嫌悪している。

烏丸:受け。Ωであることを武器に体を売って現在の地位までのぼりつめるが、αを死ぬほど嫌っている。

差別されるはずの存在がエリートキャリアとして君臨…!? 腹黒部下×ビッチ上司のリーマン・オメガバース! 一流企業に転職したサラリーマン・高羽。新天地で胸を高鳴らせる彼だったが、ひょんなことから直属の上司・烏丸のヒミツを知ってしまう。烏丸のヒミツ――特異体質により人を惑わし、劣情を煽ること。そして体質とカラダを利用し、大企業のキャリアの地位に納まっていたのだった。今宵も股を開き、サカった種馬たちを受け入れる烏丸の姿に、嫌悪感を覚えた高羽は…!?

狂い鳴くのは僕の番あらすじ

狂い鳴くのは僕の番【2話】のネタバレ

いつの間にか気を失っていた烏丸は何も身につけないまま、接待客の相手をしていた部屋で目を覚まします。そこへ高羽が戻ってきます。

 

先方はどうしたのだと聞く烏丸に、高羽は見送りをしてきたとこたえます。

それを聞いた烏丸は勝手なことをするなと怒りますが、その状態で2軒目など無理だと高羽は冷静にこたえ、烏丸を気遣い、買ってきた水をのむかどうかたずねます。

 

水をのむと伝えたついでに烏丸は高羽にジャケットのポケットに入っているフェロモン抑制剤と避妊薬をとるように言います。

 

薬を受け取ってのもうとする烏丸でしたが、途端にひどくむせてしまいます。

突然むせてしまった烏丸を心配する高羽でしたが「ザーメン飲んだことある?」という烏丸からの問いかけに言葉を失ってしまいます。

 

さすがにないとこたえた高羽に、烏丸は本当はのまされるのが嫌いなことを話し、自分の口の中に残っていたものを指でかき出します。

 

それを見ていた高羽はなにか飲みものを買ってこようかとたずねますが、烏丸はそれを断り、帰るためにタクシーを呼んでほしいと頼みます。

その後、烏丸に言われてタクシーを手配する高羽を横目に、烏丸はタバコを手に呟きます。

 

「全員死ねって感じだよな」

「……ってお前に言ってもわかんねぇか」

「αだもんなお前」

 

そう言ってどこかさみしそうに笑う烏丸に高羽は何もこたえることができず、タクシーで烏丸を家まで送るとだけ伝えます。

 

タクシーに乗り、帰路についた高羽と烏丸でしたが、高速道路の渋滞にはまってしまいます。それを聞いた烏丸は運転手に次のインターで降りて下道を行くように伝えます。

 

運転手に指示を出す烏丸を見ながら、自分のすぐ身近にΩの烏丸がいることについて高羽が考えていると、烏丸からジロジロ見るなと怒られてしまいます。

 

高羽が素直に謝ったことで2人の間には気まずい沈黙が流れますが、こんな自分が上司で運が悪いと沈黙をやぶったのは烏丸でした。

 

続けて初めて出会った時にあんなところを見せるつもりはなかったのだと話す烏丸に、高羽は「しょっちゅうさっきみたいなことしてるんですか」と問いかけます。

 

烏丸はそんな質問を自分に投げかけてきたことに驚き、笑いながらΩの自分がこんなポジションにいればそういうことをしていると普通は察するだろうと肯定します。

 

しかし続く「きつくないですか」という高羽の問いに、先程までの笑みを消し去ってしまった烏丸は何故αである高羽がΩである自分をそんなにも気遣うのか意味がわからない、高羽はαらしくなくてヘンだと言います。

 

対する高羽も烏丸のようにΩをそんなにもオープンにしている人は初めて見たと言いますが「使えるモンは使う それだけ」と言われ「…そう…ですか」とこたえるしかありませんでした。

 

部署に戻ってきた鵜藤に烏丸がどこに行ったのかをたずねられた高羽は、烏丸が社長に呼ばれて外に言ったとこたえます。それを聞いた鵜藤は昼間から盛んと思わず呟いてしまい、それを聞いた高羽はこの後に予定している得意先での打ち合わせに不安を覚えます。

 

そんな高羽に烏丸の下半身はタフだから大丈夫だと鵜藤はフォローをいれますが、部屋に戻ってきた烏丸にそれを聞かれ、ファイルで頭を叩かれるはめになり、2人のやりとりに高羽は思わず吹き出してしまいます。

しかし一方で、他の社員達は烏丸達に冷たい視線を向けていました。

 

その後、高羽が運転する車で烏丸と一緒に得意先に向かいますが、途中で烏丸の体調が悪そうなことに気づきます。

 

一度会社に戻ることを提案しますが、烏丸は得意先を待たせているからと高羽の提案を受け入れません。仕方なく高羽は会社に戻ることはあきらめ、得意先に向かいます。

烏丸は抑制剤を口にしますが、いくら薬をのんでも薬が効くことは一向にありません。

 

得意先の駐車場についた高羽は後部座席のドアを開けると、そこには発情期を迎えた烏丸の姿がありました。戸惑う高羽に烏丸は抑制剤が誰かにすり替えられたことを説明し、ひとりで得意先に行くように言います。

 

この状態の烏丸をひとりでほうっておくわけにはいかないと言い募る高羽でしたが、大事な客を待たせるなと強く烏丸に言われ、仕方なくひとりで得意先に向かいます。

ひとりになった車内で烏丸は鵜藤に連絡しますが、鵜藤は一向に電話に出ません。

 

一方、ひとりで得意先と打ち合わせをしていた高羽の元に慌てた様子の鵜藤から電話がかかってきます。

 

仕事を終えて急いで車に戻ってきた高羽が見たものはひとりで自身を慰める、発情した烏丸の姿でした。

 

発情した烏丸に舐めろと誘われ、烏丸のフェロモンにあてられた高羽はαの本能に流されそうになりますが、途中でΩの父親が発情したαの男性にされていたことを思い出し、どうにか踏みとどまります。

 

ひどく興奮しながらも「俺には抱けない」と拒む高羽を「役立たず」と烏丸はののしります。

 

そこに連絡を受けて鵜藤がやってきます。

鵜藤は手慣れた様子で烏丸の世話を焼き、烏丸を抱え上げると先に会社に戻っているように高羽に言い残し、そのままどこかに行ってしまいます。

 

車にひとり残された高羽は自身の熱を抑え込むように親指を噛むのでした。

狂い鳴くのは僕の番【2話】の感想

ここで烏丸のαへの本心が出てきましたが、なぜそんな感情を持ちながらαに抱かれているのかが気になります。

また同時に高羽の考えや気持ちを知り、他のαと高羽はちがうという認識を持ったように思えました。

そしてΩであり、体を売ることで今の地位にいる烏丸のことを快く思わない人間の存在もこの話の中であきらかになりました。

今後、そうした人間が烏丸達にどう関わってくるのか気になるところです。

また高羽のフェロモンに誘われながらも抱くことを拒んだ高羽ですが、Ωが嫌いという理由だけではない、高羽自身の強い意志を感じました。

狂い鳴くのは僕の番【1話】のネタバレ・感想

狂い鳴くのは僕の番【3話】のネタバレ・感想

読みたい漫画数冊を実質無料で読む方法

電子書籍で漫画を楽しむサービスは昔からいくつも存在します。

ただ、無料で読むことができるのは試し読みの1巻だけであったり、漫画の冒頭だけであることがほとんどでした。

しかし、動画配信サービスなどを上手く活用することで漫画を電子書籍媒体で丸々1冊読むことができるのです。

こちらでは、動画配信サービスの中でもポイントが配布され、漫画を実質無料で読めるものを紹介しています!

FODで漫画を無料で読む

FODは動画配信サービスですが、漫画を無料で読むこともできます。

FODプレミアムは月額888円なのですが、Amazonアカウントを使って登録することで1ヶ月間の無料で利用することが可能です。

さらに、無料期間中も1ヶ月で1300円分のポイントを8のつく日にログインすることで集めることができます。

このポイントを無料期間中に使用することで、漫画を数冊は無料で読むことができるのです。

さらに漫画などの電子書籍にポイントを使用した場合、20%のポイントが還元されるので最もお得に漫画を購入することができます。

ポイントは漫画に使って、見放題の動画作品も視聴することができるので合わせて楽しんでしまいましょう!

▼FODの1ヶ月無料お試しはこちらから▼

FODに登録して無料で漫画を読む

FODについて補足

登録方法についてはこちら
FODプレミアムにスマホで登録する方法

解約方法についてはこちら
FODプレミアムを解約・退会を簡単に済ませる方法

U-NEXTで漫画を無料で読む

U-NEXTもFODと同様に有名な動画配信サービスですが、雑誌から漫画など電子書籍が取り扱われています。

U-NEXTは月額1990円(税別)ですが、初回利用に限り1ヶ月無料トライアルがあります!

無料トライアルでは、すぐに使えるポイントが600ポイント付与されるので、単行本なら1冊ほど無料で読むことが可能です!

U-NEXTは、無料トライアル入会時にすぐポイントが600円分付与されます。

600円以内の漫画作品・漫画雑誌であれば、実質無料で読むことができるのでぜひ自分が読みたい作品を選んで活用してみて下さい。

U-NEXTは31日間以内に解約すれば料金は一切掛かりません。

▼U-NEXTの無料トライアルはこちらから▼

U-NEXTに登録して実質無料で漫画を読む

U-NEXTについての補足

登録方法についてはこちら
U-NEXTにスマホで登録する方法

U-NEXTを解約・退会する方法はこちら
U-NEXTの解約の仕方!退会できないときの対処方法

漫画の違法アップロードサイトとzipファイルについて

漫画を丸々一冊読みたいと思い、無料で読む方法を探すとzipなどのファイル形式で違法青アップロードされていてダウンロードできるサイトが見つかることもあります。

しかし、そのようなWebサイトでファイルをダウンロードするのには、少なからず危険が生じます。

漫画ファイルのダウンロードのここがダメ

・違法ダウンロード自体が刑事罰の対象になる
・違法アップロードサイトのファイルをダウンロードすることでスマホやPC端末がウィルス感染する可能性がある

ツイッターなどでも実際に使っていたユーザーが実情を呟いており、一時期大きな話題となっていました。

無料という言葉は魅力的ですが、無料は無料でも正規のサービスで安全に利用した方が安心ですね。

まとめ

今回は『狂い鳴くのは僕の番』のネタバレ・感想・無料で読む方法について紹介してきました。

他の電子書籍サイトでは、1冊丸々を無料で読むことがはできないので、

・すぐに読みたいならU-NEXT
・ポイントも貯めて複数冊読みたい場合はFOD

を利用すると良いですね!

公式のサービスで安全かつ、正当に漫画を楽しみましょう^^

>>>U-NEXTのポイント付与ですぐに狂い鳴くのは僕の番を読む

>>>FODでポイントを貯めてから狂い鳴くのは僕の番を読む